TopconReflex・シリーズ
 日本のレンズシャッター一眼レフは常磐精機のペンタフレックスだがこのカメラはミラーを使ったためファインダーが暗く当時としては失敗であったが、1959年にペンタプリズム搭載のトプコンPRが発売された他のが 初めである。
その後アイレス、コーワ、マミヤ、リコー、ニコン、キャノン、ミノルタ、フジカなどが発売された。
1960年にはPRIIが発売され、その後クイックリターン式になり、レンズ交換が出来るようになり、最後のユニレックス迄に7機種が作られた。 レンズシャッター式一眼レフは構造が複雑で、現在ではまともに動作するカメラが少ない。又たとえ動いていても使わないと、故障してしまうやっかいなカメラである。
Topcon・PR (トプコンPR)
製造年月 1959年10月 シャッター シチズンMV
B,1〜1/500
レンズ トプコール
50mm F2.8
 コンパクトで軽快製があり、低価格であることで、大変評価されたカメラであるが、欠点は自動絞りで無いことである。
レンズ交換は出来ないが、95oと37oのコンバージョンレンズが、供給された。
Topcon・PR2 (トプコンPRII)
製造年月 1960年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ トプコール
50mm F2.8
 PRではプリセット絞りであったが、オートプリセットなる方式が採用され、シャッターがライトバリュー式のセイコーに変わった。
デコンSRは輸出名。
Topcon・WinkMirror (トプコンウインクミラー)
製造年月 1960年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ トプコール
48mm F2.0
 いよいよ待望のクイックリターンミラーが付けられたが、これは世界初である。
その他に完全自動絞り利になり、プレビューボタン月期、ファインダーにスプリットイメージが採用された。
Topcon・WinkMirror・E(トプコンウインクミラーE)
製造年月 1961年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ UVトプコール
48mm F2.0
 ウインクミラーにセレン式の露出計を組み込み、ファインダー内で追針式に露出を合わせる事が出来る。
露出計の連動はセイコウシャが新たに開発した連動機構内蔵の追進式シャッターを使用している。この型からUVとプコールと呼ばれる UVフィルターが不要のレンズである。
Topcon・WinkMirror・S(トプコンウインクミラーS)
製造年月 1963年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ UVトプコール
53mm F1.9
 角形のボディになり、ペンタプリズムの前面に大型のセレン露出計を組み込んだ、一眼レフのEEカメラである。
このカメラからバヨネット方式の完全レンズ交換式になった。シャッターはビハインド式になり以後のカメラは全てこのシャッターを組み込んだ。
Topcon・UNI(トプコン・ユニ)
製造年月 1964年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ UVトプコール
53mm F2.0
 TTL測光式のEEカメラとして、発売された。この年にペンタックスのSPが作られている。
Topcon・Unirex (トプコンユニレックス)
製造年月 1969年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ UVトプコール
50mm F2.0
 今迄の角張ったデザインとは違う一般的なスタイルになったカメラである。デザインは東芝意匠部の若手により行われ、小型軽量で、 洗練されたデザインになっている。
主な特徴はスポット測光と平均測光の切り替えが出来る点である。このカメラがトプコンの最後のレンズシャッター機となった。
Topcon・Unirex・EE (トプコンユニレックスEE)
製造年月 1969年 シャッター セイコーシャSLV
B,1〜1/500
レンズ UVトプコール
52mm F2.8
 ユニレックスの測光を中央重点測光のみとした、普及型で、レンズも50o:F2.8になった。主としてヨーロッパ向けの輸出専用機である。
Topcon・IC-1 (トプコン・IC1)
製造年月 1974年 シャッター セイコー00番
B,1〜1/500
レンズ UVトプコール
52mm F2.0
 レンズシャッター機ではなくフォーカルプレンであるが、マウントがユニレックスと同じで、交換レンズが利用できるちょっと変わったカメラ。

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー